思い出に残る結婚式の招待状を作りましょう

ウェルカムボードでおもてなし

ウェルカムボードというと、以前はあまり耳にすることのなかった言葉だと思います。
お店やパーティー会場などの入り口で、来ていただいたお客様に対して感謝と歓迎の意味を込めたメッセージを書いたボードが置かれているのを見たことはありませんか?
これがウェルカムボードです。
一般的にはウェルカムボードで思い浮かべるのは結婚式かもしれません。
結婚式の際には式場側が「○○家○○家結婚披露宴会場」のように書かれた案内板を用意してくれるものですが、最近はその案内板以外に受付や会場入り口に置いて来賓をもてなすウェルカムボードを用意する新郎新婦がとても増えています。
現在では式場側のオプションプランにもライスシャワーなどに加えてウェルカムボードが用意されており、これを利用することで素敵なウェルカムボードを用意することができます。
ですが、最近はウェルカムボードを手作りする新郎新婦が多くなっています。
手作りすることで世界に2つとない特別なウェルカムボードを作ることができ、新郎新婦の個性を表現することも可能です。
手作りのウェルカムボードは十人十色で、まさに新郎新婦次第です。
小ぶりなぬいぐるみと小さなメッセージボードと飾りの花という可愛らしいボードもあれば、分かりやすく似顔絵を乗せて、少しコミカルに仕上げる方もいます。
使われる材質も様々で中には100円ショップの材料だけで素敵なウェルカムボードを作り上げる方も少なくありません。
ウェルカムボードは「ボード」とは言え新郎新婦の好み次第では立体的なオブジェで作られる場合もあります。
小物類を使ってウェディングケーキの形に仕上げたウェルカムボードや、素敵なインテリアのようなウェルカムボードだって作れるのです。
ボード状ということにこだわらず、来賓の方への心を込めたウェルカムボードを作ると良いと思います。
ウェルカムボードは、結婚式当日だけで役目を終えるわけではありません。多くの新郎新婦が結婚式の思い出と共に自宅に飾っています。
特に手作りのウェルカムボードは思い入れも深く、結婚式準備の大変さを一緒に乗り越えた絆の証としても心に強く残るものです。
予算の関係などでウェルカムボードを用意しない新郎新婦もたくさんいますが、その場合は手作りをすれば費用を抑えることもでき、より心のこもった素晴らしいウェルカムボードを作ることもできます。
一生に一度の記念となるだけでなく、来賓客への感謝の心を込めた新郎新婦のおもてなしの一つでもありますので、これから結婚式を挙げる予定の方には、ぜひウェルカムボードを検討してみてください。

Post a Comment

Your email is kept private. Required fields are marked *

*