思い出に残る結婚式の招待状を作りましょう

香典返しのベストスリー

香典返しは通例「半返し」を標準に考えます。お返しをする時期は、忌明けで死亡してから49日目をさしますが、香典返しの準備はその前から行ないます。会葬者名簿や供物控帳を見て、リストを作成し、誰にどんな品物を贈るかを決めておきます。ちなみに、神式でもお返しを行う喪家が多く、ことらも死亡してから50日目(50日祭)の忌明けをもって行われます。キリスト教の場合はしきたりはあまり重要視されておらず、これを省略する喪家も少なくありません。
香典の金額が5000円の人にはその半額である2500円を目安としてしております。この金額については、喪家の立場、喪家の意向、地域のしきたりなどで「三分の一返し」「全返し」などいろいろですので、あらかじめ葬儀社にその目安を確かめておくことが良いでしょう。経済的に恵まれない家の場合なら、子供の養育費に回すようなケースもありますし、これとは逆の場合には「半返し」の残り分を社会福祉事業などに寄付するケースなども見受けられます。
香典返しの額面がはっきりしたら、何を贈るかを決めなければなりません。まず、品物をどこで揃え、どこで発送してもらうかを決めます。最近はインターネットなどで通販も盛んに行われております。また、デパートでもコーナーがありますので、このような場所で決められる喪家も多いようです。葬儀社においても、会葬御礼品やお返し品を自社で請け負っているところもあります。
デパートのコーナーなどでは、カタログを用意し、電話注文を受けているケースがあり、カタログでの注文ですと、品物の種類が多く、わざわざ出向かなくてもすむといった長所があります。品物を決める際、相手によって品物を一つ一つ決める喪家は少なく、多くは金額によって品物を決めています。
香典を「従業員一同」「・・会一同」といった連名でもらった場合、個人宛ではなく一つにまとめて連名宛で送ってかまいません。また、複数の人たちが少額を一つにまとめて香典とし、個人の名前が列記されていれば、やはり一人ずつに香典をお返しするようにします。この場合も、品物の額面は「半返し」を目安とします。
品物でよく出るのはタオル、シーツ、石けん、お茶、砂糖といった実用的にもので、装飾品や置物などいつまでも残るような品物はあまり使われません。ベストスリーとして定番となっているのは、タオルセット、シーツセット、茶菓子セットの三つとなっています。

Post a Comment

Your email is kept private. Required fields are marked *

*